巨人首位独走に陰りで…原監督また“コーチ緊急配転”の吉凶

公開日: 更新日:

 巨人がバタバタし始めた。2日からのDeNAとの首位攻防戦を前に、村田善則スコアラー室長(45)をスコアラー兼任の一軍ブルペンコーチとしてベンチ入りさせる緊急人事を発表。同日、球団が村田室長のコーチ登録をNPBに申請し、夜のナイターからユニホームを着て指導するという慌ただしさだ。

「これにより、5月31日に一軍に配置転換されたばかりの、三沢(興一投手コーチ=45)が再び二軍に戻ることになった。原監督の常套手段だ。前回監督時も、チーム状態が悪くなると、コーチを入れ替えた。2014年には『相手チームの主砲に打たれ過ぎ』と言って、シーズン中に当時の吉原バッテリーコーチを二軍の育成コーチに降格させている。翌15年にも『攻撃的にと言っているのに、あれでサードに行けない。コーチャーも簡単に止めるし、ランナーも当たり前のように止まる』と怒って、三塁コーチャーを勝呂内野守備走塁コーチから川相ヘッドコーチに代えたことがあった。14年はリーグ優勝したものの、15年は2位に終わってシーズン後に退任。配置転換がカンフル剤になることもあるけど、懲罰的人事にコーチ陣はピリピリしてチームの沈鬱ムードに拍車をかけることも少なくなかったね」(巨人OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  4. 4

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  7. 7

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る