巨人首位独走に陰りで…原監督また“コーチ緊急配転”の吉凶

公開日: 更新日:

 巨人がバタバタし始めた。2日からのDeNAとの首位攻防戦を前に、村田善則スコアラー室長(45)をスコアラー兼任の一軍ブルペンコーチとしてベンチ入りさせる緊急人事を発表。同日、球団が村田室長のコーチ登録をNPBに申請し、夜のナイターからユニホームを着て指導するという慌ただしさだ。

「これにより、5月31日に一軍に配置転換されたばかりの、三沢(興一投手コーチ=45)が再び二軍に戻ることになった。原監督の常套手段だ。前回監督時も、チーム状態が悪くなると、コーチを入れ替えた。2014年には『相手チームの主砲に打たれ過ぎ』と言って、シーズン中に当時の吉原バッテリーコーチを二軍の育成コーチに降格させている。翌15年にも『攻撃的にと言っているのに、あれでサードに行けない。コーチャーも簡単に止めるし、ランナーも当たり前のように止まる』と怒って、三塁コーチャーを勝呂内野守備走塁コーチから川相ヘッドコーチに代えたことがあった。14年はリーグ優勝したものの、15年は2位に終わってシーズン後に退任。配置転換がカンフル剤になることもあるけど、懲罰的人事にコーチ陣はピリピリしてチームの沈鬱ムードに拍車をかけることも少なくなかったね」(巨人OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る