原巨人「実力至上主義」でも“低空飛行”中島起用の特別扱い

公開日: 更新日:

 実力至上主義――巨人原監督の口癖だ。

 4年ぶりに復帰して迎えた今春のキャンプイン前日のミーティングでも第一声は、「実力至上主義、勝利至上主義。目標は日本一」だった。

「それなのに、あの人だけは特別扱い、と選手は口にこそしないものの、明らかに不満に思っているのが、中島の扱いでしょう。実力至上主義と言うなら、とっくに二軍落ちしていなければいけない成績ですから」

 とは、さる巨人OB。

 オリックスを自由契約になりながら、原監督が1億5000万円もの年俸を積んで、「私と相性がいい。非常に魅力的」と熱烈なラブコールを送った末に獲得した中島宏之(36)のことである。昨年11月の入団会見で早々に開幕一軍を確約したのも「実力至上主義」に反するものだったが、その後の特別扱いはさらに目に余るのは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る