習志野監督に聞く サイン盗み騒動はねのけたタフさの秘密

公開日: 更新日:

――子どもたちの反応はどうでしたか?

「みんな神妙な顔をしていましたが、特段、浮ついたり、戸惑っている感じはなかったかなと。次の試合まで時間がなかったこともあるでしょう」

■「全くの誤報」

――念のために伺いますが、本当にサイン盗みはやっていないと……。

「(きっぱりと)そうとしか言いようがありません。以降の3試合も大会後も、それに該当するような注意は頂いていません」

――騒動の翌日、メディアに対して疑惑を否定しました。

「僕は大人なので、『俺がすべきことはみんなを野球に集中させてあげること。逆にみんなの役割はゲームに集中することだ』とも伝えました。僕は子どもたちに隠しごとをしたり、変に大人の都合だからと物事を進めるのは嫌なんです。17、18歳ともなれば、外部から情報を取れる。嘘を言ったり、繕ったりする方がかえって子どもたちにバレます(苦笑い)。そういうことも含めて、許容しようと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  4. 4

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る