習志野監督に聞く サイン盗み騒動はねのけたタフさの秘密

公開日: 更新日:

――当日、林監督の抗議を受け、「星稜高校もやっているでしょ」などと言ったのは、本当ですか?

「全くの誤報です。言い合いになったとか報じられたところもありますが、(林監督が)何の話をおっしゃっているのか、と思っていたので、私は一方的にお話を聞いていただけです」

――続く市和歌山戦では飯塚の左ひざに打球が直撃しても投げ続けたり、タフに戦かった。

「監督をやっている方が、この勝ちをなかなか説明できないとおっしゃることがあるじゃないですか。野村克也監督の言葉に『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』というものがありますが、これを実感しましたね。経験値という点では、決勝の東邦戦は完敗しましたが、子どもたちは明豊(大分)との試合が印象に残ったようです。左右の2人の投手が揃って140キロオーバーというのはなかなか経験できない。しかも、ウチの山内はいきなり先頭打者本塁打を浴びた。『とんでもないスイングをする』と(エースの)飯塚も言っていましたが、相手のレベルを受け止め、そのレベルを基準に野球をやり、動揺することなく勝てたことがすごく大きな経験になったと思います。僕は全力疾走するとか、チームの約束事以外は強制はしない。プレーする中で自分自身で感じ、修正、調整することがスポーツの面白さだと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る