習志野監督に聞く サイン盗み騒動はねのけたタフさの秘密

公開日: 更新日:

 9日、登場する習志野(千葉)は春夏連続出場。センバツ2戦目の星稜戦でサイン盗み疑惑が勃発したが、選手は浮足立つことなく準優勝した。千葉大会では準決勝の木更津総合戦で九回2死から同点に追いつき、延長十一回2死から3連打でサヨナラ勝ち。粘り強い野球で甲子園に駒を進めた。選手たちのしぶとさはどこからくるのか。本当にサイン盗みはやってないのか。改めて小林徹監督(57)に聞いた。

  ◇  ◇  ◇

■「試合は完了している」

――千葉県大会では驚異の粘り強さを見せました。その秘訣は何ですか?

「なかなか理論的に説明するのは難しいですね。なんていうんだろ……。まず、子どもたちが自分の“元値”を知っていると思いますね。本塁打を50本、60本と打てる子がいれば、その一人で試合を決めることもできるだろうけど、ウチはそういうチームではない。自分たちがどういう野球をやるべきか、足元だけは見えているのかなと。打線がつながらないと野球にならないという。これをしなきゃという悲壮感ではなく、自分で決めようでもなく、自分の役割を果たして次(打者)につなげようという感覚を、この子たちは最後まで持っていられるんだと感じます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る