習志野監督に聞く サイン盗み騒動はねのけたタフさの秘密

公開日: 更新日:

 9日、登場する習志野(千葉)は春夏連続出場。センバツ2戦目の星稜戦でサイン盗み疑惑が勃発したが、選手は浮足立つことなく準優勝した。千葉大会では準決勝の木更津総合戦で九回2死から同点に追いつき、延長十一回2死から3連打でサヨナラ勝ち。粘り強い野球で甲子園に駒を進めた。選手たちのしぶとさはどこからくるのか。本当にサイン盗みはやってないのか。改めて小林徹監督(57)に聞いた。

  ◇  ◇  ◇

■「試合は完了している」

――千葉県大会では驚異の粘り強さを見せました。その秘訣は何ですか?

「なかなか理論的に説明するのは難しいですね。なんていうんだろ……。まず、子どもたちが自分の“元値”を知っていると思いますね。本塁打を50本、60本と打てる子がいれば、その一人で試合を決めることもできるだろうけど、ウチはそういうチームではない。自分たちがどういう野球をやるべきか、足元だけは見えているのかなと。打線がつながらないと野球にならないという。これをしなきゃという悲壮感ではなく、自分で決めようでもなく、自分の役割を果たして次(打者)につなげようという感覚を、この子たちは最後まで持っていられるんだと感じます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    巨人は今年も大補強へ着々 即戦力投手逃しドラフト大誤算

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る