今季最悪6連敗…巨人先発に“原のムチ”で菅野も玉砕の危機

公開日: 更新日:

 5連敗中の巨人は6日、9連戦初戦の中日戦に野上亮磨(32)を先発させた。

 右ひじ周囲の筋肉の張りで戦列を離れている山口の代役として白羽の矢が立ったが、二回に福田に先制ソロを浴びると、四回にまたも福田に適時二塁打を浴び2失点。昨年5月以来、約1年2カ月ぶりの先発で4回4安打2失点と精彩を欠き、2敗目を喫した(1勝)。

 四回の2失点目は坂本勇の失策絡みで自責は1。原監督は野上を責めなかったが、今季は開幕二軍。一軍では中継ぎ要員だった。12試合で14イニングを投げ、1勝1敗、防御率3.86。結局、役割を全うできず、二軍に舞い戻っていた。そんな野上がこの日の先発マウンドに立っていること自体、チーム防御率3.81(リーグ4位)という苦しい台所事情が表れている。

 この9連戦中、先発陣に「原のムチ」が入る。エース菅野が中5日で2度投げる見込みとなっているのだ。12日からの最後の3連戦は、猛追を食らっている重要な広島戦。菅野は中5日で8日の中日戦に登板した後、再び中5日で14日の広島戦に向かうというプランである。が、菅野は5月に離脱した腰痛が完治しておらず、だましだまし投げている状態だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  7. 7

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  8. 8

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る