レアルBデビューの久保建英 トップ登録見送り大正解のワケ

公開日: 更新日:

「落としどころとしてはベストだと思います」

 こう話すのは、FC東京の取材を通してMF久保建英(18)の成長ぶりを目の当たりにしてきた元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏だ。

 日本時間8日、オーストリア遠征中のスペインの名門レアル・マドリードは当地の強豪ザルツブルクと対戦し、新加入のベルギー代表MFアザールが前半19分に移籍後初ゴール。これが決勝点となってレアルMが1―0のスコアで勝利した。

 7月にレアルMに移籍したMF久保は、トップに帯同して北米遠征の5試合中4試合に出場。計104分間プレーして評価を高めたが、今回のオーストリアでの遠征メンバーから外れてしまい、この時点でレアルBの一員となることが確定した。

 そして日本時間同日に地元で行われたアルコンコンとの強化試合に背番号7を背負い、レアルBデビューを果たした。前出の六川氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る