バルサ育ち久保建英 年俸2億4000万円でレアルに“逆転移籍”

公開日: 更新日:

 9日のエルサルバドル戦でサッカーの日本A代表デビューしたFC東京のMF久保建英(18)が世界一の名門クラブ、スペインのレアル・マドリードに移籍することが、14日、明らかになった。

 久保建は4日に18歳となり、海外移籍が解禁。当初は、以前に下部組織に所属していた同じスペインの名門バルセロナへの復帰で基本合意し、バルサ側は久保建に年俸25万ユーロ(約3000万円)を提示していた。しかし、レアルがバルサを大きく上回る年俸200万ユーロ(約2億4000万円)を提示し、逆転した。1年間は3部リーグ相当のセカンドチーム(RマドリードB)が主戦場となるもようだ。

 久保建獲得には、ほかにフランスのパリ・サンジェルマン、ドイツのバイエルン・ミュンヘンなども乗り出していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  6. 6

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  7. 7

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

もっと見る