3勝目SB和田と未勝利の中日松坂 同世代投手の決定的な差は

公開日: 更新日:

 12日、ソフトバンクの和田毅(38)が日本ハム戦に先発し、5回1失点で今季3勝目を手にした。

 和田は左肩痛で昨季を棒に振り、今年6月に一軍復帰。先発した7試合で、3勝2敗、防御率2.97だ。

 昨今はトラックマンの影響などでボールの回転数などにこだわる選手も少なくないが、この技巧派左腕は、「僕はあまり、そういうのを気にしたことがない」と、どこ吹く風。「プロの中では、僕は体が大きくないし、体重も軽い(179センチ、81キロ)。ただ、自分の特長を考えて投げるようにしている」と、話す。

 和田の「特長」はキレのある変化球とボール1個分の出し入れ、打者との駆け引きなど多岐にわたるが、何よりも優れているのが頭脳。

 早大の卒業論文は「投球動作における下肢の筋電図解析」。投球時、下半身の筋肉にどんな作用が働き、投げるボールにいかに影響しているか、という内容だ。体格に恵まれていなかったからこそ、アタマを使って研究し、足りない部分を補ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る