3勝目SB和田と未勝利の中日松坂 同世代投手の決定的な差は

公開日: 更新日:

 12日、ソフトバンク和田毅(38)が日本ハム戦に先発し、5回1失点で今季3勝目を手にした。

 和田は左肩痛で昨季を棒に振り、今年6月に一軍復帰。先発した7試合で、3勝2敗、防御率2.97だ。

 昨今はトラックマンの影響などでボールの回転数などにこだわる選手も少なくないが、この技巧派左腕は、「僕はあまり、そういうのを気にしたことがない」と、どこ吹く風。「プロの中では、僕は体が大きくないし、体重も軽い(179センチ、81キロ)。ただ、自分の特長を考えて投げるようにしている」と、話す。

 和田の「特長」はキレのある変化球とボール1個分の出し入れ、打者との駆け引きなど多岐にわたるが、何よりも優れているのが頭脳。

 早大の卒業論文は「投球動作における下肢の筋電図解析」。投球時、下半身の筋肉にどんな作用が働き、投げるボールにいかに影響しているか、という内容だ。体格に恵まれていなかったからこそ、アタマを使って研究し、足りない部分を補ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る