松坂復帰も“5回限定”…5時間死闘のレジェンドなら鼻で笑う

公開日: 更新日:

「今の松坂なら合格点だよ」という見方がほとんどだろう。

 2月のキャンプでファンに右腕を引かれ、右肩の違和感を訴え出遅れていた中日の松坂大輔(38)が今季初登板、初先発。5回(91球)を4安打、4四死球、2失点でマウンドを降りたが、若い頃はスタミナ自慢の剛球投手だった。横浜高時代は、ほとんどひとりで投げ抜き、甲子園の春夏を連覇。延長17回の完投勝利や甲子園決勝のノーヒットノーランなども記録し、「平成の怪物」と呼ばれていた。西武入団後は初対決のイチローから3三振を奪い、メジャーのレッドソックスへ移籍すると、いきなりワールドシリーズを制覇。2度のWBC優勝にも貢献した球界の「レジェンド」でもある。

 日本球界に復帰後は故障に苦しみ、昨季は11試合に先発し、55回3分の1を投げ6勝4敗。数字が示すように、今や平均5イニングしか投げない先発投手だ。それでも昔の実績や38歳という年齢から「よくやっている」と評価する声が多いものの、あの「レジェンド」なら、どう思うだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る