支援金3億円&お父さん犬と共演…古参選手が明かす八村効果

公開日: 更新日:

 まさに八村効果といっても過言ではなさそうだ。

 W杯(31日開幕=中国)男子バスケットボール日本代表のスポンサー企業である携帯電話大手ソフトバンク主催の激励会が7日に行われ、ウィザーズ・八村塁(21)、グリズリーズ・渡辺雄太(24)ら5人の選手が出席。同社からチームに3億円の支援金が贈られ、合わせて八村とのCM契約も発表された。

 同社のCMに起用されている「お父さん犬」とともにステージに立った八村は「小さい頃からソフトバンク(の携帯を)使っていたので、スポンサーシップを受けられるのはうれしい」と笑顔で話した。

 NBA効果は代表チームにも波及している。八村、渡辺の存在もあって男子バスケへの注目度は日増しに高まっている。ソフトバンク以外にもスポンサー企業が付いたため代表チームの待遇が改善されたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る