サファテ今季絶望でソフトバンクの“不良債権”になる危険性

公開日: 更新日:

 大きな火種にならなければいいが。

 ソフトバンクは23日、試合前まで3勝9敗と負け越していたロッテを撃破。天敵退治に成功したものの、気がかりなニュースもある。

 23日発売の日刊スポーツが「サファテ、今季絶望」と報じたのだ。股関節の手術の影響で帰国中のサファテ(38)は19日、再生治療であるPRP注射を打ったことを自身のインスタグラムで発表。時期を考えれば、今季中の復帰は絶望的だ。

 サファテは今季から3年最大20億円という破格の契約を結んでいる。もし、このまま投げられなければ、かつて在籍していた松坂(3年12億円、現・中日)以上の不良債権になりかねない。

 サファテは功績も大きく、チーム内での人望も厚い。人格者として知られているが、今月9日、まさかの舌禍事件を起こした。トランプ政権批判を繰り広げている米国女子サッカーのミーガン・ラピノーに、「アメリカがそんなに嫌いなら去れ!」と、ツイッターで反応したのだ。ラピノーは同性愛者。性的少数派に対して批判的なトランプ大統領を攻撃していた事情もあるだけに、サファテは「差別主義者」とみなされ、国内外から罵倒の嵐。謝罪を余儀なくされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る