サファテ今季絶望でソフトバンクの“不良債権”になる危険性

公開日: 更新日:

 大きな火種にならなければいいが。

 ソフトバンクは23日、試合前まで3勝9敗と負け越していたロッテを撃破。天敵退治に成功したものの、気がかりなニュースもある。

 23日発売の日刊スポーツが「サファテ、今季絶望」と報じたのだ。股関節の手術の影響で帰国中のサファテ(38)は19日、再生治療であるPRP注射を打ったことを自身のインスタグラムで発表。時期を考えれば、今季中の復帰は絶望的だ。

 サファテは今季から3年最大20億円という破格の契約を結んでいる。もし、このまま投げられなければ、かつて在籍していた松坂(3年12億円、現・中日)以上の不良債権になりかねない。

 サファテは功績も大きく、チーム内での人望も厚い。人格者として知られているが、今月9日、まさかの舌禍事件を起こした。トランプ政権批判を繰り広げている米国女子サッカーのミーガン・ラピノーに、「アメリカがそんなに嫌いなら去れ!」と、ツイッターで反応したのだ。ラピノーは同性愛者。性的少数派に対して批判的なトランプ大統領を攻撃していた事情もあるだけに、サファテは「差別主義者」とみなされ、国内外から罵倒の嵐。謝罪を余儀なくされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る