プロ最短KOで二軍落ち…中日・松坂は退団濃厚でも現役固執

公開日: 更新日:

 これが見納めかもしれない。

 28日に登録抹消された中日松坂大輔(38)だ。27日のDeNA戦に先発し、わずか1死しか奪えずに、8失点の大炎上。プロ最短KOで二軍落ちが決まっていた。

 ソフトバンクでは右肩関節唇の損傷などで3年間で1度しか登板できず、17年オフに退団。中日にテスト入団という形で拾われ、昨季は11試合に投げた。6勝4敗、防御率3.74の成績を残し、1500万円の年俸は8000万円+出来高に上がったのだが、チーム内では浮いた存在だったという。

 あるOBが言う。

「昨年監督だった森さん(現シニアディレクター=SD)は、松坂のプロ入り1年目の西武のコーチで、大のお気に入り。何とか復活させようと、先発ローテの間隔をあけ、長いイニングを投げさせなかった(平均約5回)。しかも、勝ち星をつけさせようと貧打の阪神戦によく起用(4試合)した。松坂に対する特別扱いのシワ寄せは他の先発や中継ぎ陣にくる。昔からこういう選手はチームの和を乱す原因になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る