プロ最短KOで二軍落ち…中日・松坂は退団濃厚でも現役固執

公開日: 更新日:

 これが見納めかもしれない。

 28日に登録抹消された中日の松坂大輔(38)だ。27日のDeNA戦に先発し、わずか1死しか奪えずに、8失点の大炎上。プロ最短KOで二軍落ちが決まっていた。

 ソフトバンクでは右肩関節唇の損傷などで3年間で1度しか登板できず、17年オフに退団。中日にテスト入団という形で拾われ、昨季は11試合に投げた。6勝4敗、防御率3.74の成績を残し、1500万円の年俸は8000万円+出来高に上がったのだが、チーム内では浮いた存在だったという。

 あるOBが言う。

「昨年監督だった森さん(現シニアディレクター=SD)は、松坂のプロ入り1年目の西武のコーチで、大のお気に入り。何とか復活させようと、先発ローテの間隔をあけ、長いイニングを投げさせなかった(平均約5回)。しかも、勝ち星をつけさせようと貧打の阪神戦によく起用(4試合)した。松坂に対する特別扱いのシワ寄せは他の先発や中継ぎ陣にくる。昔からこういう選手はチームの和を乱す原因になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る