元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

公開日: 更新日:

 セ・リーグのペナントレースが混沌としている。毎日、胃が痛い思いをしている野球ファンは多いだろう。今回登場の二岡智宏さん(43)は、巨人軍の名ショート、巧打者で知られ、一昨年と昨シーズンは一軍打撃コーチでもあった。だが昨年10月に退団。さて今シーズンは……。

  ◇  ◇  ◇

「前期は西地区の2位につけたんですが、後期はいまひとつ歯車があってなくて……」

 富山県高岡市郊外にある市営常光寺球場。午前の練習を終えたプロ野球独立リーグ・ルートインBCL富山GRNサンダーバーズの選手たちが、午後も自主トレーニングに汗を流していた。二岡さんが同球団の監督に就任して8カ月。球場の本部室から選手の一挙手一投足に視線を送りながらの取材だった。

 独立リーグは監督といえどもゆっくり椅子に座っていられない。同球団のコーチは野手と投手の2人だけで、しかも乾真大・投手コーチ(元日本ハム・巨人)は選手と兼任。練習中はノックもすれば、バッティングピッチャーもする。取材当日も34度を超える猛暑だったが、二岡監督は始終、グラウンドにいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る