元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

公開日: 更新日:

 セ・リーグのペナントレースが混沌としている。毎日、胃が痛い思いをしている野球ファンは多いだろう。今回登場の二岡智宏さん(43)は、巨人軍の名ショート、巧打者で知られ、一昨年と昨シーズンは一軍打撃コーチでもあった。だが昨年10月に退団。さて今シーズンは……。

  ◇  ◇  ◇

「前期は西地区の2位につけたんですが、後期はいまひとつ歯車があってなくて……」

 富山県高岡市郊外にある市営常光寺球場。午前の練習を終えたプロ野球独立リーグ・ルートインBCL富山GRNサンダーバーズの選手たちが、午後も自主トレーニングに汗を流していた。二岡さんが同球団の監督に就任して8カ月。球場の本部室から選手の一挙手一投足に視線を送りながらの取材だった。

 独立リーグは監督といえどもゆっくり椅子に座っていられない。同球団のコーチは野手と投手の2人だけで、しかも乾真大・投手コーチ(元日本ハム・巨人)は選手と兼任。練習中はノックもすれば、バッティングピッチャーもする。取材当日も34度を超える猛暑だったが、二岡監督は始終、グラウンドにいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る