星稜・奥川は評価うなぎ上り 佐々木超えの6球団1位指名も

公開日: 更新日:

 惜しくも優勝には届かなかった。

 22日の甲子園決勝。星稜の奥川恭伸(3年)は履正社相手に5点を奪われ、準優勝に終わった。

 三回、履正社の4番・井上(3年)に逆転3ランを浴びた。投球のテークバック時に右手が足に当たり、スライダーが高めに浮いた。奥川は「あの1球が悔しい。完全に失投だった」と涙をのんだが、この大会で最も注目を浴びた剛腕はこの夏、プロの評価をさらに上げた。

 甲子園を総括するスカウト会議を行った多くの球団が、奥川の評価を1ランク上げているのだ。

 巨人の長谷川スカウト部長が「球威、変化球のキレ、安定感があり、素晴らしい」と言えば、西武の渡辺GMは「すごくいい投手。1位で何球団か重複することになるだろう。コントロールが良くなったし、無駄球が減った。いろいろな面でこの夏で一回り大きくなった」と評価。楽天の後関スカウト部長も「もともとスピードも変化球のキレもあったが、この夏は全般的に凄くよくなった。高校生でも即戦力に近い感じのものはある」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る