星稜・奥川は評価うなぎ上り 佐々木超えの6球団1位指名も

公開日: 更新日:

 惜しくも優勝には届かなかった。

 22日の甲子園決勝。星稜の奥川恭伸(3年)は履正社相手に5点を奪われ、準優勝に終わった。

 三回、履正社の4番・井上(3年)に逆転3ランを浴びた。投球のテークバック時に右手が足に当たり、スライダーが高めに浮いた。奥川は「あの1球が悔しい。完全に失投だった」と涙をのんだが、この大会で最も注目を浴びた剛腕はこの夏、プロの評価をさらに上げた。

 甲子園を総括するスカウト会議を行った多くの球団が、奥川の評価を1ランク上げているのだ。

 巨人の長谷川スカウト部長が「球威、変化球のキレ、安定感があり、素晴らしい」と言えば、西武の渡辺GMは「すごくいい投手。1位で何球団か重複することになるだろう。コントロールが良くなったし、無駄球が減った。いろいろな面でこの夏で一回り大きくなった」と評価。楽天の後関スカウト部長も「もともとスピードも変化球のキレもあったが、この夏は全般的に凄くよくなった。高校生でも即戦力に近い感じのものはある」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  10. 10

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

もっと見る