この夏は“凶作”も…星稜・奥川と津田学園・前の評価急上昇

公開日: 更新日:

走者を背負ってからギアを上げる

「ウチのドラフト用のリストに名前が載っている選手で、甲子園に出てきたのはたったの16人。3校に1人いる程度だからね。それでもリスト漏れしたのがいても不思議じゃないと、ブルペンの控え投手までチェックしたけど、あまりにもいないんで喫煙所に行く回数が増えて仕方なかったよ」

 こう言うのは在京球団のさるスカウト。夏の甲子園の対戦がひと回りした12日、新幹線で帰京した直後のセリフがこれだ。「今年は不作を通り越して凶作だった」とすら言うのだが、そんな中、ネット裏の評価を上げた選手は2人。ともにセンバツに続いての出場で、ひとりは星稜(石川)の奥川恭伸(右投げ右打ち)、もうひとりは津田学園(三重)の前佑囲斗(右投げ右打ち)だ。

 まずは奥川。「間違いなくドラフト1位候補に入る。真っすぐが速い上に、しっかりと球を押し込めている」と言うのはDeNAの吉田スカウト部長。楽天の福田プロアマスカウトアドバイザーはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  8. 8

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る