ワースト2位の被本塁打 G菅野を巣くうスライダー“一発病”

公開日: 更新日:

 逆転で広島を下し、巨人がマジックを19とした28日の試合。先発したエースの菅野智之(29)は不安を残した。初回、菊池涼のソロ本塁打で先制を許すと、三回には西川にも被弾。これで、今季の被本塁打はセのワースト2位となる20である。

 元巨人投手コーチの高橋善正氏が、「一発を浴びたのは、いずれもスライダーです。今季の菅野は変化球、特にスライダーに頼っている印象が強い。直球はこの日も150キロ前後を記録した。本来、力で押せるだけの直球を持っていながら、甘く入ったスライダーを長打されるケースが目立つのです」とこう続ける。

「原因は2つある。今季は開幕から不振が続き、5月と7月には腰痛で登録抹消された。スピードは出ていても、直球のキレや制球に自信が持てない。そこで、決め球のひとつで制球をしやすいスライダーの比率が増えているのだと思う。もうひとつは投手心理。丁寧に投げようとする意識と変化球でかわそうという気持ちがイコールになってしまうことがある。スライダーは外角低めに制球できれば長打の危険はないが、高めに浮くとただの半速球で、打者にとってはこれほど打ちやすい球はない。もろ刃の剣なのです」

 8月に入って3勝1敗と復調したかに見えるエースだが、変化球を多投する配球に本人の不安が表れているということだろう。今後も一発病の懸念がつきまとう。CSが不安である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る