酷使の中川が白星フイに…巨人のブルペンは“ブラック企業”

公開日: 更新日:

 痛い引き分けだ。

 前日に連敗を6で止めた巨人。沈鬱ムードを払拭して臨んだ8日の中日戦では、先発の菅野智之(29)が久々にエースらしい快投を演じた。

 7回3安打1失点。直球のMAXは152キロを計時し、6三振を奪った。これに打線も奮起し、五回までに3点を先取。そんな快勝ペースがしかし、八回に暗転した。

 2番手の中川皓太(25)が2死一、三塁から3番のアルモンテに痛恨の2点適時二塁打を打たれ、菅野の7月2日以来となる白星をフイにした。

「またもリリーフ陣の不安を露呈してしまったとはいえ、中川は責められません」

 と、元巨人のセットアッパーで1990年代に「勝利の方程式」として活躍した橋本清氏がこう続ける。

「この日が49試合目の登板で九回の抑えを任されたり、八回のセットアッパー役を担ったりと、役割が流動的な中で防御率1点台(1.65)は立派です。リリーフ陣の中で最も計算できるからこそ、原監督も試合展開によって投入する場面を変えている。肉体的にも精神的にも大変だとは思います。簡単な仕事ではありませんが、中川はここが踏ん張りどころです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る