坂本だけじゃない…M20足踏み巨人に“故障予備軍”ゾロゾロ

公開日: 更新日:

 巨人坂本勇人(30)が、八回の守備から途中交代した。七回2死から中前打で出塁。次打者・丸の4球目にスタートを切ったものの、空振り三振で無得点に終わった直後だ。一度は遊撃の守備に就いたが、投球前に小走りでベンチに下がった。

 七回までわずか3安打無得点に封じられていた打線にあって、2安打1四球と孤軍奮闘していただけに、東京ドームは騒然としたムードに包まれた。原監督は「正常ではないということ」とムッツリ。何らかのアクシデントが起きたとみられる。

 巨人は0―2で敗れ、優勝へのマジックは20のまま。広島先発のジョンソンから8四死球をもらいながら10残塁の拙攻で、25日のDeNA戦に続く2試合連続の完封負けを喫した。これで今季の対戦成績は7勝13敗1分け。5年連続で広島戦の負け越しが決まり、ゲーム差は5.5に縮まった。原監督は「いい気持ちはしないね。力そのものはやはり、今日まではカープが上回ってるというところ」と素直に認め、坂本勇は「明日は動いてから(の判断)になると思う」と言葉少なだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る