鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

日本高校野球は環境変化 “先駆者”米高校球界の過酷な現実

公開日: 更新日:

 かつて、日本の高校野球は「すがすがしさ」や「高校生らしさ」の象徴であった。

 だが、現在、長時間の練習や一部の指導者の体罰などによって「ブラック部活」の典型とされることが珍しくないし、投球数の制限が社会問題化するなど、日本の高校野球を取り巻く環境は徐々に変化している。

 これに対し、日本の高校野球の改革が議論される際に投球数の制限などで先駆的な取り組みを行っているとして参照される米国の場合も、高校生の野球を取り巻く環境は複雑で、種々の問題を含んでいる。

 とりわけ深刻な問題とされているのが、野球を行う高校生の二極化だ。

 ひとつは高校の野球部に入り、州の大会を目指して練習に励む生徒たち。もうひとつは、大リーグ球団からドラフトで指名を受けたり、大学の奨学金を得るために小学生の頃から厳しい競争を勝ち抜き、米国各地から選び抜かれた高校生が集まる「ショーケース」や「エリアコード・ゲーム」と呼ばれる行事に参加、大リーグのスカウトや大学野球部の関係者の目に留まることを目指す選手たちだ。米国には、夏の甲子園のように全国の野球部が参加する統一された大会がなく、各高校の野球部にとって頂点となるのは、地方大会に過ぎない州大会だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る