なぜだ?メジャーの高評価は18K奥川より1回降板の佐々木

公開日: 更新日:

「ササキはまだ少年。あくまで自分のペースでゆっくり時間をかけて成長することが大事ではないか。現時点で成熟しているショーヘイと比較はできないが、ササキの姿を見ることができ、興奮した。彼が近い将来、再び投球する姿を見ることをとても楽しみにしている。日本の方たちは彼の才能を誇りに思うべきです」(エルナンデス国際アシスタントディレクター)

 東海岸の球団の国際担当スカウトも、匿名を条件にこう言った。

「大会前にアジア担当から推薦を受けて、事前にビデオでチェックしていた。カナダ戦で18三振を奪ったオクガワ(奥川恭伸=星稜)も素晴らしいが、彼以上にササキの潜在能力、身体能力に魅力を感じる。子鹿のバンビのような体で、しなりがあって素晴らしい球を投げる。ボクサーで言うとハードパンチャーだ(笑い)。トレーニングを積んで、上半身も下半身も1サイズ、2サイズ大きくなれば、さらに球速も球威も増して、とてつもない投手になるかもしれない。むしろ楽しみの方が大きい」

「ササキ」の名はメジャースカウトたちの心に深く刻み込まれたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る