釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

W杯アジア2次予選ミャンマー戦のスコア2-0は大いに不満

公開日: 更新日:

 カタールW杯アジア2次予選の初戦となったミャンマー戦は、日本が29本のシュートを放ったのに対してミャンマーは2本のみ。CKは日本が14回でミャンマーはゼロだった。危なげない試合運びで勝ち点3をきっちり稼いだと言えるだろう。

 しかしながらスコアは2―0だった。これに満足している選手は一人もいないだろうし、もちろん私自身、大いに不満である。ミャンマー戦の5日前に行われたキリンチャレンジ杯のパラグアイ戦もそうだった。前半に2点を取り、後半はどんな攻撃の形を見せてくれるのか? いつ追加点を奪って試合の行方を決してくれるか? が見どころだったのに結局、チャンスを量産しながらもスコアを重ねることはできなかった。サポーターの方も消化不良感が残ったんじゃないかな?

 日本の攻撃は、せっかく両サイドを深くえぐりながら、最後のクロスが味方選手に合わなかったり、シュートを打ち切れないで終わるというシーンが少なくなかった。相手が自陣ゴール前に張りついて守る限り、両サイドから崩そうとしても、そう簡単にゴールを決めることはできない。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  5. 5

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

  10. 10

    クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る