釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

W杯アジア2次予選ミャンマー戦のスコア2-0は大いに不満

公開日: 更新日:

 カタールW杯アジア2次予選の初戦となったミャンマー戦は、日本が29本のシュートを放ったのに対してミャンマーは2本のみ。CKは日本が14回でミャンマーはゼロだった。危なげない試合運びで勝ち点3をきっちり稼いだと言えるだろう。

 しかしながらスコアは2―0だった。これに満足している選手は一人もいないだろうし、もちろん私自身、大いに不満である。ミャンマー戦の5日前に行われたキリンチャレンジ杯のパラグアイ戦もそうだった。前半に2点を取り、後半はどんな攻撃の形を見せてくれるのか? いつ追加点を奪って試合の行方を決してくれるか? が見どころだったのに結局、チャンスを量産しながらもスコアを重ねることはできなかった。サポーターの方も消化不良感が残ったんじゃないかな?

 日本の攻撃は、せっかく両サイドを深くえぐりながら、最後のクロスが味方選手に合わなかったり、シュートを打ち切れないで終わるというシーンが少なくなかった。相手が自陣ゴール前に張りついて守る限り、両サイドから崩そうとしても、そう簡単にゴールを決めることはできない。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る