貴景勝が目指す「一番遠いところ」は右膝の“時限爆弾”次第

公開日: 更新日:

 ここで満足しているわけにはいかない。

 18日、貴景勝(23)が栃ノ心を下し、9勝目(2敗)。大関復帰ノルマの2ケタ勝利にリーチをかけた。

 2敗は平幕の明生と並んでトップタイの成績。昨年11月場所以来となる2度目の賜杯にも期待が高まる。

 が、本人は優勝争いについて、「意識していません」とこう話す。

「優勝争いはモチベーションにつながるけど、それが主体になると体が硬くなっちゃうんで。(賜杯は)力を出し切ったあとの結果。その結果が、また先につながる。(自分は)一番遠いところを目指している。そのために何をするか、やるべきことがたくさんある」

 貴景勝が目指す「一番遠いところ」とはつまり、横綱の地位だろう。23歳とまだ若く、大関復帰なら、いつ横綱に昇進してもおかしくない力はあるともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る