関脇転落の貴景勝に「大関特例」10勝で復帰は容易か困難か

公開日: 更新日:

 過去の例を考えれば、楽観視はできない。

 9月8日初日の大相撲9月場所。注目のひとつが、貴景勝(23)の大関復帰だろう。

 今年3月場所で昇進を決めるも、5月場所で右ヒザ靱帯を負傷。翌7月場所は全休し、たった2場所で関脇に陥落した。

 そんな貴景勝が狙っているのが大関特例だ。大関は陥落直後の場所に限り、10勝以上で元の地位に復帰できる。ただ、過去にこの特例で復帰した力士は意外と少ない。1969年7月場所で導入されて以降、陥落した大関は20人。うち、特例で大関に返り咲いた力士は三重ノ海、貴ノ浪、武双山、栃東(2回)、栃ノ心の5人だけだ。

 元の地位に戻ることがかなわなかった大関たちも、全盛期なら2ケタ勝利はさほど難しくなかっただろう。しかし、2場所連続負け越しということは、それだけ衰えたり、ケガを抱えていた証し。そんな力士にとって、10勝は高いハードルだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る