関脇転落の貴景勝に「大関特例」10勝で復帰は容易か困難か

公開日: 更新日:

 過去の例を考えれば、楽観視はできない。

 9月8日初日の大相撲9月場所。注目のひとつが、貴景勝(23)の大関復帰だろう。

 今年3月場所で昇進を決めるも、5月場所で右ヒザ靱帯を負傷。翌7月場所は全休し、たった2場所で関脇に陥落した。

 そんな貴景勝が狙っているのが大関特例だ。大関は陥落直後の場所に限り、10勝以上で元の地位に復帰できる。ただ、過去にこの特例で復帰した力士は意外と少ない。1969年7月場所で導入されて以降、陥落した大関は20人。うち、特例で大関に返り咲いた力士は三重ノ海、貴ノ浪、武双山、栃東(2回)、栃ノ心の5人だけだ。

 元の地位に戻ることがかなわなかった大関たちも、全盛期なら2ケタ勝利はさほど難しくなかっただろう。しかし、2場所連続負け越しということは、それだけ衰えたり、ケガを抱えていた証し。そんな力士にとって、10勝は高いハードルだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る