松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

貴景勝が再休場「大丈夫と言うから」は責任逃れの言い訳

公開日: 更新日:

 新大関貴景勝がケガして休場して、全治3週間と診断されたのに、本人が大丈夫ですと言うから出すことにしたんだト。

「本人が大丈夫と言うから」って、組織としてそういう判断をする日本相撲協会に言いたい。

 世の中ってそんなに甘かぁないぜ。

 たとえば、気温35度の炎天下でマラソン大会やって、フラフラ熱中症で倒れそうな生徒が「本人が大丈夫と言うから」そのまま走らせたら、その学校は校長が会見して土下座しても、許してくれんわなあ。

 たとえば、酒をたらふく飲んで足元ヨレヨレ、真っすぐ歩けない状態なのは誰が見ても明らかなのに「本人が大丈夫と言うから」車を運転させたら、その会社は管理責任を問われ、刑事罰にも処せられるわなあ。

 ここまで言いたかぁねえが、たとえば、体中アザができてるし、誰が見ても家庭内で虐待されているのは明らかだろうに、「父親が大丈夫だと言うから」家に帰したっていう児童相談所とそれを管理する自治体は、世の中から許してもらえるかね? 何をしとったんだキサマらはぁぁ! と、徹底的に叩かれたろ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  7. 7

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る