貴景勝に休場のススメ 狙うべきは目先より“その先の10勝”

公開日: 更新日:

 やはり、陥落だけは避けたいか。

 2日、大関貴景勝(22)が稽古を再開。5月場所を休場してから、44日ぶりに相撲を取った。相手は同じ千賀ノ浦部屋の幕下以下の力士。本格的な稽古というよりは、慣らし運転に近い。

 それでも本人は、「名古屋に来ているということは、(本場所に)出るつもり。まだ明言はしないけれど」と、7月場所(7日初日)に出場する気満々だ。

 しかし、それではあまりにリスクが高い。先場所は4日目の御嶽海戦で右ヒザを負傷。「右膝関節内側側副靱帯損傷にて、今後約3週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、5日目から休場した。にもかかわらず、何を思ったのか8日目に再出場。当然、相撲にならず、碧山に一蹴され、9日目から再休場する羽目になった。無謀な判断で、ケガを悪化させてしまったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    歴史を捏造するアベの後継は「なかったこと」にする最低男

  5. 5

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  6. 6

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  7. 7

    小此木防災相 コワモテ3世の三原じゅん子と野田聖子との仲

  8. 8

    平手脱退から10カ月「欅坂→櫻坂」改名特需後はどうなる?

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

もっと見る