貴景勝の7月場所休場で…師弟関係の希薄さまた浮き彫りに

公開日: 更新日:

 小田原評定にようやく結論が出た。

 カド番大関の貴景勝(22)が、7日初日の名古屋場所を休場することが決定した。途中出場の意思はなく、これで大関から陥落。新大関となった場所からわずか2場所で陥落するのは、2000年の武双山以来、19年ぶり2人目だ。関脇となる9月場所で10勝すれば、元の地位に復帰できる。

 貴景勝は、「師匠の判断は絶対。力士生命にかかわってくること。万全に治す方が正しいとも言われた」と話したものの、休場が決まるまでは師弟で意見の対立が表面化、ドタバタ劇が繰り広げられていた。

 もともと貴景勝は出場する気満々。一方、師匠の千賀ノ浦親方(58=元小結隆三杉)は「稽古不足。無理する必要はない」と主張。先場所、右ヒザの靱帯を損傷するケガを負っただけに、実際、稽古不足は誰の目にも明らかだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る