楽天が台湾ラミゴを買収した本当の狙いは若手での青田買い

公開日: 更新日:

 楽天が台湾プロ野球チームのラミゴモンキーズを買収し、19日に台北市で記者会見が開かれた。楽天は2020年シーズンから台湾プロ野球リーグに参入することになる。

 ラミゴは昨季2年連続6度目の年間優勝を果たし、今年6月には台湾リーグ史上初の5半期連続優勝を成し遂げた強豪チーム。ゆえに徐々に選手の総年俸が高騰し、球団発足時の16年前に比べて3倍に膨らんだという。今年7月から地元ではラミゴ身売りのニュースが報じられていた。

 とはいえ、金額の相場は日本のプロ野球と比べれば格安で、買収額は1020万米ドル(約11億2000万円)。ソフトバンクが200億円、DeNAは65億円だったことを考えると、かなりのお買い得にもみえる。

 楽天の台湾マーケット本格進出の本質は野球よりも本社のネット通販事業の拡充にあるというが、別の狙いもある。そのひとつが若手台湾選手の青田買いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  2. 2

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    近江アナは15歳上の夫と入籍も…コロナで“年の差婚”激変

もっと見る