4年30億円超契約の楽天・浅村 パ4位の28HRでは不足も不足

公開日: 更新日:

 給料を考えれば、この程度の働きではまだまだ足りない。

 25日、3位楽天は2位西武に14―2で大勝。ゲーム差は2.5となり、首位ソフトバンクとの差も6に縮まった。

 その試合で古巣相手に2ランを打ったのが元西武の浅村(28)だ。4点リードの五回に一発を放ったが、今季は成績が芳しくない。リーグ4位の28本塁打、同8位の74打点はともかく、打率は.264。得点圏でも.250とイマイチなのだ。

 昨季は打点王に輝くなど、打率.310、32本塁打、127打点。3割30本の強打者として、一部報道で「4年30億円超」ともいわれる破格の契約を楽天と結んだ。要求される成績も高いだけに、現在の成績では不足も不足だ。

「得点圏打率も昨季は3割5分以上でしたからね。昨季の西武はトップバッターの秋山から、源田、浅村、そして山川、森、外崎と、好打者、強打者揃い。相手投手は浅村だけをマークするわけにもいかず、まるで気が抜けない。その点、楽天は……。浅村も勝手が違うと思っているかもしれません」(西武OB)

 優勝争いが佳境に入るシーズン終盤。ここで打ってくれなければ、楽天も大金を積んだ甲斐がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る