今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

公開日: 更新日:

「たしかに、2人がじっくり話をする姿は見かけませんね」

 楽天のチーム関係者がこう言った。楽天の石井一久GM(46)と、18日付の日刊スポーツが「今季限りで退任へ」と報じた平石洋介監督(39)のことだ。

 昨年9月に石井GMが就任、当時監督代行だった平石監督を1年契約で昇格させたのは、一、二軍の指導者を歴任するなどチーム状況を最も把握しており、さらに立花陽三球団社長の意向もあったという。

 一方、石井GMは自らの人脈を駆使し、コーチ陣を整備した。ヤクルト・コーチ時代の15年に一軍作戦担当としてリーグ優勝に貢献した三木二軍監督、ヤクルト時代の同僚だった伊藤智仁コーチ、現役を引退したばかりの小谷野栄一、後藤武敏両コーチを招聘するなど、石井カラーを出していった。

 平石監督とはチーム運営について話し合いを重ねつつ、開幕当初から選手の一、二軍の入れ替えや戦術面で、自身もプレー経験があるメジャー流のフロント主導体制を敷いてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る