中日・松坂「コーチ料込み」2000万の再契約ならお買い得か

公開日: 更新日:

 右肘の炎症で二軍暮らしが続いている中日松坂大輔(39)。球団は来季の去就について白紙を強調し、他球団からのオファーがあれば強く慰留はしない方針だというが、チーム内では松坂の存在が大きな影響を与えている。

 25日に先発して4勝目を挙げたドラフト2位ルーキーの梅津晃大(22)はキャンプから二軍スタートと出遅れるも、松坂から下半身を使って制球力を高める“指導”を受け、8月に初登板で初勝利を挙げた。

 横浜高の後輩でもある柳裕也(25)は昨季、グラウンド内外で多くの時間を共にした。松坂と同じ右肩痛を抱えて苦しんだが、今季は11勝6敗と復活。プロ初の2ケタ勝利をマークした。

 昨年9月の左肘手術からリハビリを続けてきた小笠原慎之介(21)もファーム生活中に松坂のキャッチボール相手として知識を吸収。投球フォームやケガへの向き合い方を教わり、8月に復帰登板を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る