去就注目の中日・松坂 その“現在地”をリハビリ仲間が語る

公開日: 更新日:

 来季以降の去就が注目されている松坂大輔(38)。今月1日に加藤球団代表と会談した際に、現役続行の意思を伝えたが、代表は「白紙」を強調した。

 春季キャンプ中に右肩を痛め、今季は2試合に登板して0勝1敗、防御率16.88。昇格した7月末、プロ最短の3分の1回8失点と炎上。8月には右肘炎症を起こして二軍調整が続いている。

 リハビリ中の5月にはゴルフに興じていたことがバレて、去就を巡っては厳しい意見も多い。5日に先発した高卒2年目の山本(19)や新人で初登板から3連勝の梅津(22)など、与田監督は先発陣を若手にスイッチ。チーム内ではすっかり影が薄くなった。そんな松坂について、先発左腕の小笠原慎之介(21)はこう話す。

「4月ごろ、松坂さんがリハビリ中にキャッチボールの相手がいなかったので、一軍復帰されるまでの2~3カ月間、一緒に練習していました。僕のボールの状態を見てもらって、『どうなってますか』とか『こうしたいんですけど、どうですか』とか。毎日1個か2個ずつ、しつこいくらい聞きました。僕はどうしても肩肘をかばって投げてしまうので、『しっかり下半身を意識して投げられたらいいね』と言っていただいたりしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る