小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

公開日: 更新日:

信じ難いが、指導者の暴言、暴力疑惑で活動を自粛

 私の古巣・横浜高が揺れている。

 26日、金子部長と平田監督による硬式野球部員への暴言、暴力の疑いがあるとして、学校側が調査に乗りだした。2人とは長く一緒にやってきた。報道の内容が事実なのか信じ難いが、当面は練習と対外試合を自粛するというから、心配である。

 そもそも、やっている野球もおかしかった。去る22日には神奈川大会準々決勝で桐光学園に0―3で完封負け。来春のセンバツ出場が絶望的となっていた。

 横浜の投手陣は、最速144キロの本格派右腕・木下と身長186センチの大型左腕・松本の強力二枚看板を擁し、打線は度会が中心。プロ注目の選手をズラリと揃える大型チームだ。肩が強い選手が多く、シートノックを見ていると、まるで大学生と見間違えるほどである。

■全国制覇を狙えるメンバー揃えながら来春センバツ絶望

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  6. 6

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  7. 7

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  8. 8

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  9. 9

    難病の息子を生んだ母親に…ウーバー運転手の思いやりに涙

  10. 10

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る