小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

強力打線に失策1の鉄壁守備陣 甲子園初V履正社の陰のMVPは

公開日: 更新日:

 今夏の甲子園は履正社(大阪)の春夏を通じて初の優勝で幕を閉じた。大会序盤、私は山梨学院の臨時コーチとして甲子園に滞在していた。履正社の1回戦・霞ケ浦(茨城)戦を見た。1試合の最多タイ記録となる5本塁打、先発全員の17安打11得点で、よく打つとは思ったが、霞ケ浦に12安打6得点された投手陣はいまひとつ。正直なところ、優勝は難しいと感じた。

 結局6試合連続で2ケタ安打を記録。決勝で星稜(石川)奥川から逆転3ランを放った4番・井上を中心とした強力打線で相手をねじ伏せた格好だ。大会を通じてわずか1失策の守備陣も立派だったが、最大の勝因はその投手力だった。

 エース左腕の清水から2年生の岩崎につなぐ必勝リレー。清水は5失点した1回戦は球が高かったものの、2回戦から低めに決まりだした。そして、大会を通じて背番号17の岩崎が機能した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    総務省に新疑惑!東北新社に「脱法スキーム」指南の可能性

もっと見る