強さはDNAだけじゃない サニブラウンを変えた“脱昭和指導”

公開日: 更新日:

 圧勝した100メートル決勝の時とは違い、強い雨が降る中で行われた今大会最終種目の男子200メートル決勝。サニブラウン・ハキーム(20)が20秒35(向かい風1.3メートル)で優勝し、40年ぶりとなる2度目の短距離2冠を達成した。

 最後は苦しそうに歯を食いしばりながらゴールしたスプリンターは「疲労があった中でよく走り切った。世界選手権(9月・ドーハ)まで2カ月以上あるので米国に戻ってしっかり練習してもっと速くなる」とキッパリと語った。

 サニブラウンの強さ、速さが際立った今大会の男子短距離。高校時代に100メートルなどで全国大会に出場した母親の遺伝子以上に、188センチの長身と長い手足、スピードはサッカー経験のある「ガーナ人の父のDNAが色濃く出ている」との声が少なくない。

 運動生理学的に見ても、黒人選手は持久力に特化している遅筋より、瞬発的に大きな力を発揮できる速筋の割合が多いといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る