強さはDNAだけじゃない サニブラウンを変えた“脱昭和指導”

公開日: 更新日:

 圧勝した100メートル決勝の時とは違い、強い雨が降る中で行われた今大会最終種目の男子200メートル決勝。サニブラウン・ハキーム(20)が20秒35(向かい風1.3メートル)で優勝し、40年ぶりとなる2度目の短距離2冠を達成した。

 最後は苦しそうに歯を食いしばりながらゴールしたスプリンターは「疲労があった中でよく走り切った。世界選手権(9月・ドーハ)まで2カ月以上あるので米国に戻ってしっかり練習してもっと速くなる」とキッパリと語った。

 サニブラウンの強さ、速さが際立った今大会の男子短距離。高校時代に100メートルなどで全国大会に出場した母親の遺伝子以上に、188センチの長身と長い手足、スピードはサッカー経験のある「ガーナ人の父のDNAが色濃く出ている」との声が少なくない。

 運動生理学的に見ても、黒人選手は持久力に特化している遅筋より、瞬発的に大きな力を発揮できる速筋の割合が多いといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ZOZO前社長・前澤氏が募集 秘書広報の報酬と求められる物

  2. 2

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  3. 3

    屋良朝博氏「辺野古一択は時代錯誤」政府の思考停止を看破

  4. 4

    消費増税でコンビニ大混乱「301円問題」と「111円問題」

  5. 5

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    進次郎株ダダ下がり “ステーキ&セクシー”発言で笑い者に

  8. 8

    ZOZO前澤氏の売却で注目 これがニッポンの株長者リスト

  9. 9

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  10. 10

    初代女王から隔世の感 女子プロに20代1億円プレイヤー続々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る