松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ロシアはドーピング大国…ザギトワの犬は大丈夫か?

公開日: 更新日:

 ロシアの陸上五輪選手が12人、芋づる式にドーピングでメダルを取り上げられるそうだ。男女走り高跳びの選手もいるんだって。摘発される前に“高跳び”ってわけにもいかねえしな。

 中でもトンデモ発言をしちまった、13歳で将来を嘱望されとるフィギュアスケーターのシャボトワっつう娘、ファンから「安定的に演技するにはどうしたらよいか」と質問されて「たくさん薬を飲むことだワ~ニャおじさん」と言っちゃったらしいって、「じゃ、みんなやってるの?」って質問には「やってるに決まっトロイカ」とか答えたらしいって、オイほんとかい!

 ロシア・フィギュアスケート連盟のアレクサンドル・ゴルシコフ会長は「ばかげたことは言わんのバカ!」と一蹴したらしいが、こういうトンデモ話は尾ひれがつくからなあ。

 ちゅうことはだ。なんだか最近めっきり勝てなくなったザギトワちゃんなんかもやってるってことかい?シャボトワったらラリっちゃって、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る