松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ロシアはドーピング大国…ザギトワの犬は大丈夫か?

公開日: 更新日:

 ロシアの陸上五輪選手が12人、芋づる式にドーピングでメダルを取り上げられるそうだ。男女走り高跳びの選手もいるんだって。摘発される前に“高跳び”ってわけにもいかねえしな。

 中でもトンデモ発言をしちまった、13歳で将来を嘱望されとるフィギュアスケーターのシャボトワっつう娘、ファンから「安定的に演技するにはどうしたらよいか」と質問されて「たくさん薬を飲むことだワ~ニャおじさん」と言っちゃったらしいって、「じゃ、みんなやってるの?」って質問には「やってるに決まっトロイカ」とか答えたらしいって、オイほんとかい!

 ロシア・フィギュアスケート連盟のアレクサンドル・ゴルシコフ会長は「ばかげたことは言わんのバカ!」と一蹴したらしいが、こういうトンデモ話は尾ひれがつくからなあ。

 ちゅうことはだ。なんだか最近めっきり勝てなくなったザギトワちゃんなんかもやってるってことかい?シャボトワったらラリっちゃって、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  4. 4

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  5. 5

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  6. 6

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る