岩隈&中島残留 G原監督の“お気に入り厚遇”に若手ため息

公開日: 更新日:

 これは、ないだろう――と、巨人OBも首をかしげる。1日に戦力外の第1次通告期間が始まり、巨人では森福允彦(33)やアダメス(25)ら、育成契約選手を含む6選手に“クビ”が言い渡された。

 2016年オフにソフトバンクからFA移籍した森福は、今季の一軍登板がわずか7試合。それで年俸8400万円では球団の判断を受け入れるしかないが、今年3月に支配下登録されたばかりの右腕、坂本工宜(25)らは複雑だろう。

 OBの高橋善正氏がこう言う。

「その一方で、岩隈(久志=38)と中島(宏之=37)の来季残留が決定したというんですからね。岩隈は日米通算170勝の実績があるものの、17年に右肩の手術を受けた影響で昨年はマイナーで3イニングに投げたのみだった。当初から、右肩の状態が心配されていたが、やはり今季は一軍のマウンドに上がれなかった。中島も実績を買われて代打の切り札に期待されたが、こちらも結果を残せなかった。そもそも昨年限りでオリックスを自由契約になった選手です。年齢やコンディションを考えれば、来季も計算はできない。原監督は『実力至上主義』という言葉を好んで使う。岩隈と中島の残留が決まったことで、言行不一致というか、ため息をついている若手選手が少なからずいるでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る