世陸金の鈴木が悲鳴…五輪競歩「19時開始」を陸連顧問提言

公開日: 更新日:

 願いは届くのか。

 陸上世界選手権(ドーハ)で金メダルを獲得した男子50キロ競歩の鈴木雄介(31)と山西利和(23)が都内で会見した。

 鈴木のレースは、現地午後11時30分スタート。それでも気温は30度を超え、湿度も80%以上。46人中、途中棄権が14人も出たことから「こんな条件で競技をやるのは無理だ」と、選手や指導者たちから批判の声が上がっていた。

 鈴木も「競技人生の中で最も過酷なレースだった」と語り、「まだ内臓疲労が取り切れていない」と言った。20キロ覇者の山西も「体へのダメージが大きい。特に内臓に深刻なダメージを負っている」と漏らした。鈴木が競技を終えたのは先月29日午前。山西は今月5日だ。それでもこのありさまだ。レースをテレビ観戦していた元陸連専務理事の帖佐寛章氏(現顧問)は、東京五輪の競歩についてこう提言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る