鈴木雄介が世陸50km競歩金も…五輪の暑さ対策は練り直し

公開日: 更新日:

「勝因は暑さ対策がうまくいったことでしょう」

 ドーハでの世界陸上男子50キロ競歩で鈴木雄介(31=富士通)が金メダルを獲得。同種目の東京五輪代表に内定。競歩関係者はこう言って胸を張った。

 レースは猛暑を避けるため現地時間の午後11時30分にスタート。それでも気温は30度を超え、湿度は80%近くもあった。46人がスタートし、途中棄権は14人(その他失格4人)も出た。

 前出の関係者が言う。

「氷を帽子の中に入れたり、手に持つ以外にも、冷却タオルを首に巻き、終盤では立ち止まってしっかり給水を取るなど、準備していた暑さ対策がうまくいった。鈴木は人のペースに合わせるのが好きではない。スタート直後に飛び出し、自分のペースで独走したのもよかった。あの暑さでライバルたちは鈴木についていくだけの勇気がなかったように見えた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  3. 3

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    ハイヒール登山!コロラド州最高峰に到した美女2人の笑顔

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    GoTo後手後手見直し 菅政権「責任丸投げ」に知事カンカン

もっと見る