世陸は暑さで棄権者続出…東京五輪はドーハの“二の舞”必至

公開日: 更新日:

 先月27日から、カタールのドーハで開催中の世界陸上。“灼熱の地”の酷暑を避けるため、女子マラソンや男子50キロ競歩は深夜スタートだったものの棄権者が続出。「ドーハの二の舞いになるんじゃないか」と不安視されるのが、来年の東京五輪だ。

 世界陸上の女子マラソンは大会初日の午後11時59分(現地時間)にスタートしたが、開始時点で気温32・7度、湿度73・3%。出場68選手のうち4割強の28人が棄権し、完走率58・8%と、優勝タイム2時間32分43秒は共に大会史上最低という過酷なレースで、日本の武冨豊コーチは「二度とこういうレースは走らせたくない。昼間にやっていたら死人が出ていたのでは」と漏らしたという。

 翌28日午後11時半(同)スタートの男子50キロ競歩でも棄権者が相次いだ。スタート時点で気温31度、湿度74%に達し、出場45選手中17人が途中で脱落。優勝した日本の鈴木雄介はレース終盤、脱水のような状態だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る