松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

力走ならぬ力歩 競歩の実況中継はどうにも間が抜けている

公開日: 更新日:

 猛暑のドーハ世界陸上、昼間を避けて夜スタートした50キロ競歩、鈴木雄介が金メダルを取った中継を見ながら、昔、知り合いのスポーツアナがしみじみと言ったのを思い出した。

「陸上の実況ってのはサ、脳みそに染みついてる単語は『走り』なわけ。あと1キロ、歯を食いしばって走ります! とかね。直線に入ってあと100メートルの勝負、グングン加速、豪快な走りです! とかね。ゴールを駆け抜けたぁぁ! とかね。競歩はね、これ全部『歩き』にしなくちゃならない。

 あと1キロ、歯を食いしばって走り、と出てくるところを、ぐぐぐっとこらえて、歯を食いしばって、は(じゃねえ)、歩きます!

 あと100メートル、後ろが追ってきた、大丈夫か、エネルギーは残っている! 一気にペースを上げた、ラストスパート、豪快な、は(じゃねえ)、歩きです! ついにゴールを、か(じゃねえ)、歩き抜けた!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る