巨人“外れ外れ1位”堀田賢慎は菅野の後釜候補になれるか

公開日: 更新日:

 原監督が星稜・奥川、東芝・宮川と抽選を2度外した巨人は、青森山田・堀田賢慎を1位で指名した。

「(奥川は)ジャイアンツとしても残念。(最後の1枚に)福があれ、残り物にというところだったが、果たせなかった。(宮川は)自然の流れの中で上を引いたけど、どう表現したらいいか……」と残念そうだった原監督の抽選は、これで1勝10敗。最速151キロ右腕・堀田については「非常に将来性のある素晴らしい投手。体も大きい(185センチ)し、伸びやかで柔らかい。近々未来、巨人でエースになってくれる素材。将来性、伸びしろがある。いい投手になるよ」と絶賛した。

 現エースの菅野にはメジャー志向がある。堀田には後釜候補として大きな期待がかかることになる。

 あるチーム関係者は「1位の抽選を2回も外すと、他の候補を全部繰り上げないといけない。シミュレーション通りにいかなくなる」と指揮官の悪過ぎるクジ運を嘆いたが、別の関係者は「でも堀田はいい投手です。他球団は2位か3位の候補にしていた投手かもしれないが、背が大きくて角度はあるし、しなやか。かつて横浜やメジャーで活躍した斎藤隆タイプ。数年後にはエースに成長している可能性は十分ありますよ」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る