巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

公開日: 更新日:

 数いるドラフト候補の中でも素質が飛び抜けているのは間違いない。163キロを投げる佐々木朗希(大船渡)のことだ。

 ケタ外れの素質はしかし、プロ側の評価に直結しない。なにしろ、ひ弱なのだ。

 医師は「球速に耐えられる骨、筋肉、靱帯、関節ではない」と話しているそうで、「故障する可能性が高い」(国保監督)と、甲子園出場の懸かった岩手大会決勝を欠場。U18日本代表に選ばれたものの、大学生との壮行試合や韓国戦ではマメを潰して、降板を余儀なくされた。登板間隔に制限がある上、たまに投げたかと思えば、指先を痛めている。

「プロ入り後は、本当に基礎体力を強化するところから始めなきゃならない。投手として一人前になるのに、いったい、何年かかるやら……」という各球団の不安に追い打ちをかけたのが、3日にスタートしたプロ側との面談だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  7. 7

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る