ヤクルト1位・奥川恭伸に“64年ぶり”高卒新人開幕投手の目

公開日: 更新日:

「64年ぶり」があるかもしれない。

 ドラフト会議で巨人、阪神との3球団競合の末に奥川恭伸(星稜)を引き当てたヤクルト。コントロールや直球、変化球のキレはもちろん、投球術も完成度が高く、逸材の獲得に高津新監督もご満悦。「即戦力として今年の投手で1番。即戦力として一軍の投手として活躍してほしい。シーズンの早い段階で出てきてくれたら、それが開幕なら、なおさらいい」と喜んだ。

 指揮官の言う「開幕」が「開幕一軍」とは限らない。

「『開幕投手』です。順当にいけば、開幕投手は石川か小川になるだろうが、石川は来年40歳の大ベテラン。極力負担をかけずシーズン通してローテを守ってもらうためには、3番手くらいが理想。小川は今季5勝12敗と不安定な投球が続いた。ブキャナンは4勝6敗、原はコンディション不良で6月を最後に一軍登板はなし。22歳の高橋、25歳の田川、ルーキーの清水が経験を積んだとはいえ、発展途上。プロ3年目の星も故障が多いですから」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  8. 8

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  9. 9

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る