ヤクルト1位・奥川恭伸に“64年ぶり”高卒新人開幕投手の目

公開日: 更新日:

「64年ぶり」があるかもしれない。

 ドラフト会議で巨人阪神との3球団競合の末に奥川恭伸(星稜)を引き当てたヤクルト。コントロールや直球、変化球のキレはもちろん、投球術も完成度が高く、逸材の獲得に高津新監督もご満悦。「即戦力として今年の投手で1番。即戦力として一軍の投手として活躍してほしい。シーズンの早い段階で出てきてくれたら、それが開幕なら、なおさらいい」と喜んだ。

 指揮官の言う「開幕」が「開幕一軍」とは限らない。

「『開幕投手』です。順当にいけば、開幕投手は石川か小川になるだろうが、石川は来年40歳の大ベテラン。極力負担をかけずシーズン通してローテを守ってもらうためには、3番手くらいが理想。小川は今季5勝12敗と不安定な投球が続いた。ブキャナンは4勝6敗、原はコンディション不良で6月を最後に一軍登板はなし。22歳の高橋、25歳の田川、ルーキーの清水が経験を積んだとはいえ、発展途上。プロ3年目の星も故障が多いですから」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る