奥川は眉ひとつ動かさず…ヤクルト1年目でフル回転の不安

公開日: 更新日:

 当たりクジと共に右手の拳を突き上げた。

 奥川恭伸(星稜)を阪神、巨人と競合の末に引き当てたヤクルトの高津新監督。昨年まで続いていたドラ1のクジ引き連敗を9で止め、「肩の荷が下りた。緊張もしたし、変な興奮もした」と笑顔で語った。

 高卒投手だが、指揮官の期待は高い。「球の質、コントロール、変化球のキレ、すべてで(佐々木より)上」とべタボレ。「即戦力として今年の投手で1番と思って指名している。(1年目から)一軍で活躍してほしい。早い段階で一軍に出てきてくれたら、それが開幕ならなおさらいい」と、即戦力としての思いが口をついた。

 しかし、完成度が高い甲子園準V投手とはいえ、まだ高校生。しかも、今春から右肩に不安を抱えた状態の中、甲子園で512球を投げ抜き、右肩に不安を抱えた状態でU18W杯にも登板。ドラフトを見守った父の隆さんも「ケガをしないといいが……」と不安を口にしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  6. 6

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  7. 7

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  8. 8

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  9. 9

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  10. 10

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る