育成力もあるのに…ソフトBが佐々木朗希から“逃げた”ワケ

公開日: 更新日:

「みんなをだましてまでも(石川に)行こうと思ったんだけどなあ」

 ソフトバンク王球団会長がこう言って苦笑いした。

 17日のドラフト石川昂弥を指名するも、中日オリックスと重複。前日に石川1位指名を公表していた中日にクジで敗れ、外れ1位で佐藤直樹の交渉権を得た。

 ソフトバンクの1位指名は当日まで佐々木と思われていた。王会長は16日のスカウト会議後、「公表してもいいけどしない。わからない方が楽しいだろ?」と、含みを持たせる発言。永井スカウト部長が「その年の一番いい選手に行くのがウチの方針」と話していたこともあり、「佐々木の指名は決定的」と報じたメディアもあった。

 それがフタを開ければ、まさかの石川だ。ソフトバンクには充実した二軍施設も資金も、そして、育成のための十分な時間もある。そんな球団が逃げ出すほどの「キズ」が、佐々木にはあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る