巨人は今年も大補強へ着々 即戦力投手逃しドラフト大誤算

公開日: 更新日:

 19日に開幕する日本シリーズの監督会議が18日、ヤフオクドームで行われた。

 第1戦を本拠地で戦うソフトバンクの工藤監督(56)が「ホークスは千賀滉大投手で発表しようと思います」と先に仕掛けると、巨人原辰徳監督(61)も「我が軍は山口俊でいきます」と呼応。今シリーズは予告先発を採用することが決まった。

 前日に行われたドラフト会議では、原監督が抽選を2度外し、外れ外れ1位で青森山田高の151キロ右腕・堀田賢慎(18)の交渉権を獲得した。指揮官は「凄く注目された選手以外では『将来性』はナンバーワン」と言ったが、2位で190センチ右腕のJR東日本・太田龍(20)を指名した以外は、6人中5人が高校生となった。

 しかし、さるチーム関係者によると、原監督は今回のドラフトで「即戦力投手」を強く要望していたという。だからこそ「即戦力と将来性の両方」(原監督)を兼ね備えた奥川が欲しかった。だが、重要視していた外れ1位でも社会人ナンバーワン右腕の呼び声高い東芝・宮川哲(24)の抽選を外した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る