伝説のコーチが初激白<下>阿部二軍監督には良き参謀が必要

公開日: 更新日:

 37年間にわたって広島巨人で打撃コーチなどを歴任。巨人では松井、高橋由、阿部、広島でも前田智や金本ら数多くの名選手を超一流に押し上げてきた「名伯楽」、内田順三氏(72)がコーチ哲学などを語った。

 ◇  ◇  ◇

 長い指導者人生で、気をつけていたことがある。

 阿部慎之助二軍監督(40)も意識しなければならないが、育成が主な狙いである二軍では、どの球団でも選手にA~Cといったランクをつけている。これはドラフトの順位や球団の期待値だが、中には将来有望な若手に付きっきりになるコーチもいる。それでは失格だ。

 どんな選手でも見捨てずに接すること。もちろん、全員が松井や(高橋)由伸や阿部になれるわけではない。そこで、それぞれの選手の生かし方を考える。一軍の主力、レギュラーになれなくても、代打、守備固め、代走で生きる道はないだろうか。一芸に秀でた選手をつくるのも、指導者の大切な仕事である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る