伝説のコーチが初激白<下>阿部二軍監督には良き参謀が必要

公開日: 更新日:

 37年間にわたって広島と巨人で打撃コーチなどを歴任。巨人では松井、高橋由、阿部、広島でも前田智や金本ら数多くの名選手を超一流に押し上げてきた「名伯楽」、内田順三氏(72)がコーチ哲学などを語った。

 ◇  ◇  ◇

 長い指導者人生で、気をつけていたことがある。

 阿部慎之助二軍監督(40)も意識しなければならないが、育成が主な狙いである二軍では、どの球団でも選手にA~Cといったランクをつけている。これはドラフトの順位や球団の期待値だが、中には将来有望な若手に付きっきりになるコーチもいる。それでは失格だ。

 どんな選手でも見捨てずに接すること。もちろん、全員が松井や(高橋)由伸や阿部になれるわけではない。そこで、それぞれの選手の生かし方を考える。一軍の主力、レギュラーになれなくても、代打、守備固め、代走で生きる道はないだろうか。一芸に秀でた選手をつくるのも、指導者の大切な仕事である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る