原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

公開日: 更新日:

 巨人の原辰徳監督(61)が4番を張る岡本和真(23)の来季ポジションについて「三塁」と明言した。

「基本的にサードがいいと思っている。サードに行って守備が上手になったし、体も締まった。ファーストはズンチャッチャ、ズンチャッチャだったけど、(サードでは)4分の3拍子ぐらいになった。彼の少しマイナスの部分は前へのダッシュ力。スローイングとかグラブさばきはいいんだから」

 そういえば原監督、ちょうど1年前も同じことを言っていた。

「岡本は4番・三塁。そういうふうな位置でやってもらいたい」

 この時、岡本は「サードをやりたい。一番緊張感がある」と意欲を見せていた。が、その後、原監督は主に三塁を守る新外国人のビヤヌエバを補強。フタを開けてみれば、岡本は開幕一塁となった。シーズンが進むと、今度は打撃力がある阿部や大城を一塁で起用するため、容赦なく三塁や左翼に押し出された。結局、今季の先発は一塁が69試合、三塁が56試合、左翼が17試合。試合途中で守備位置が変わることも多く、最後まで落ち着かないシーズンを余儀なくされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  4. 4

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る