日ハム1位・河野竜生 兄弟を7回甲子園に行かせた父の教え

公開日: 更新日:

 2014年夏の徳島大会でのことだ。

 当時、1年生だった河野は先発するも、5回か6回で降板するケースが多かった。入学からわずか4カ月足らず。体もできていないし、無理をさせるわけにはいかない。リードしていようと、降板はやむを得ない。本人はしかし、途中でマウンドを降りることが悔しくてたまらなかった。

「当時のことは強く印象に残っています」と、現在も鳴門高野球部の指揮を執る森脇稔監督はこう言った。

「ベンチに戻って、泣きながら自分の次に投げるピッチャーを応援するのです。涙を流しながら大声を出し、一生懸命、応援していた。とにかく負けず嫌いな子でした。1年の夏から3年連続で甲子園で投げているのですが、1、2年生のときは初戦敗退。甲子園で勝てない悔しさが、彼を成長させたと思います」


 迎えた3年夏、鳴門は佐久長聖(長野)、智弁学園(奈良)、盛岡大付(岩手)を下して8強入り。河野は1、2回戦で完投するなど4試合すべてに登板した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る