日ハム1位・河野竜生 兄弟を7回甲子園に行かせた父の教え

公開日: 更新日:

 2014年夏の徳島大会でのことだ。

 当時、1年生だった河野は先発するも、5回か6回で降板するケースが多かった。入学からわずか4カ月足らず。体もできていないし、無理をさせるわけにはいかない。リードしていようと、降板はやむを得ない。本人はしかし、途中でマウンドを降りることが悔しくてたまらなかった。

「当時のことは強く印象に残っています」と、現在も鳴門高野球部の指揮を執る森脇稔監督はこう言った。

「ベンチに戻って、泣きながら自分の次に投げるピッチャーを応援するのです。涙を流しながら大声を出し、一生懸命、応援していた。とにかく負けず嫌いな子でした。1年の夏から3年連続で甲子園で投げているのですが、1、2年生のときは初戦敗退。甲子園で勝てない悔しさが、彼を成長させたと思います」


 迎えた3年夏、鳴門は佐久長聖(長野)、智弁学園(奈良)、盛岡大付(岩手)を下して8強入り。河野は1、2回戦で完投するなど4試合すべてに登板した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る